コレステロールを下げる方法を伝授|健康第一

肝臓の負担を減らすために

ウーマン

毒素の解毒を促進

食事や飲酒によって体内に入ってきた脂質や毒素は、肝臓によって処理されます。具体的には肝臓は、脂質をエネルギーに変換したり、毒素を無害なものとなるように解毒したりするのです。しかし体内に入ってくる脂質や毒素の量が多いと、肝臓はその処理に追われて、徐々に弱っていきます。それが続くと、肝機能障害となり、肝硬変や肝臓がんといった肝臓の病気を発症するリスクが高くなります。これを防止するためには、食事の内容に気をつけたり、飲酒を控えたりすることが肝心です。また、オルニチンのサプリメントを飲むことも、肝臓を守る有効な手段のひとつとされています。オルニチンを摂取すると、毒素の解毒が促進されるようになり、その分肝臓の負担が少なくなるのです。

特に効果的なタイミング

オルニチンによって解毒が促されると、肝臓は脂質の処理に、より多くの力を費やすことができるようになります。すると肝臓内に脂質が残りにくくなるため、脂肪肝になりにくいのです。つまりオルニチンの摂取は、脂肪肝の予防にもつながるわけです。ただしオルニチンのサプリメントは、空腹時に飲むことが肝心とされています。空腹時には、胃に他の食べ物が入っていない分、オルニチンのサプリメントがスピーディに溶け、スムーズに吸収されていくのです。特に、夕食後数時間経過してから、寝る前に飲むことが効果的です。寝ている間には成長ホルモンがさかんに分泌されるのですが、これによりオルニチンの働きが促され、より高い効果が期待できるようになるのです。